埋没毛は自分で治すことはできる?埋もれ毛の原因と対策

埋没毛の原因と対策について

足などに黒いぶつぶつができたり、ニキビができてしまったというケースはよくあると思います。この黒いぶつぶつやニキビができる原因は、皮膚の中で毛が成長してしまった「埋没毛」という状態のことをいいます。

 

間違ったケアなどが原因によって引き起こされる状態で、脇や足、ビキニラインなどにできやすいとされています。

 

埋没毛を放っておくと、炎症を引き起こしたり、毛嚢炎というニキビのような状態になってしまいます

 

気になるからといって無理に抜いてしまうと、炎症が起こることもあるため注意が必要です。炎症は色素沈着につながってしまうため、そのようなトラブルを起こさないためにもきちんとケアすることが大切です。

 

埋没毛をよく見ると、皮膚の中に埋まっている状態になります。通常の毛は毛穴から伸びていきますが、間違った自己処理をしてしまうことで毛穴に傷がつき、傷が治ると同時に毛穴もふさがってしまい、毛が外に出られないことで引き起こされます。

 

この状態になりやすい自己処理の仕方が、カミソリや毛抜き、脱毛ワックスやテープを使った方法です。これらの方法は肌が傷つけてしまいます。

 

埋もれ毛の治し方

炎症などになってしまうためには、しっかり対策を立てることが重要です。

 

埋没毛

安全に処理をしたいという時には、レーザー脱毛がオススメです。

 

レーザー脱毛は埋没毛の治療も可能で、皮膚を傷つけずに毛根を直接壊すことで脱毛することが可能となっています。肌トラブルが起きたとしても、クリニックで治療を行うためすぐに対処してもらえます。

 

埋没毛を自分で治す

 

自分で対策をしたいという場合には、スクラブを使って角質を除去することがオススメです。

 

スクラブとは種子や塩などの細かい粒の入ったケア用品で、スクラブで肌を擦ることによって毛が伸びてくるのを防いでいる古い角質を取り除くことができ、毛が排出されやすくなります。

 

米ぬかやこんにゃくなど様々な粒子があるため、自分の肌質に合ったものを選ぶことがポイントとなります。

 

 

ラココ脱毛